日常

【書評】心からお勧めしたい1冊「I met a boy.父の日に、バンビ公園へ。」

こんにちは、ゆうにいです。

今日は書評です。

「I met a boy.父の日に、バンビ公園へ。」
という本を紹介していこうと思います。

社畜ダメリーマンが、過去の自分に出会う物語

まず、この物語のストーリーですが、
簡単にいうと、

27歳、エンジニアの会社にいるが、
コードも書けないダメリーマンがいる。
このダメリーマンが主人公です。

ダメリーマンは、仕事のモチベも全くなく
毎日のように遅刻して、上司に怒られています。

ダメリーマンは、
子供の頃は、「俺はなんでもできる」
と思っていたのに、
大人になってからは逆に
「俺なんかには何もできねぇ」
と思ってしまっている自分がいることに気づきます。

ダメリーマンはもちろん独身、彼女も大学以来いません。

でも、周りは徐々に愛する人を見つけ
結婚して、子供を作ったり、
ずーっと夢見てた職業について
人生を謳歌し始めています。

そういう友達を見るたびに、
ダメリーマンは自信を無くしていきます。

 

そんなとき、故郷に帰り、
小学生の頃遊んでいた公園に行くと、
その公園で昔の自分と出会います。

昔の自分の夢は「野球選手」でした。

昔の自分は、本気で野球選手になれると思っていたし、
運動神経もピカイチだったので、
小学校のときはクラスのヒーローでした。

ダメリーマンは、そんな昔の自分に対して
今の酷すぎる現実を素直に伝えられませんでした。

そしてダメリーマンは、昔の自分を思い出し、
徐々に自分を変えていきます。

といった感じの物語です。

この本は、
過去の自分に恥じない生き方をするべし。
ということを教えてくれます。

誰もが小さいときはヒーローだった

僕たちって、
小さい頃は立派な夢があったんですよね。

僕の小学生の頃の将来の夢は、
体操選手になることでした。

小学生のときは体操をやっていたので、
そのまま中学、高校と体操をやって、
いずれオリンピックに出たい!
と思っていました。

でも、今はそんな影もなく、
運動なんて全然やっていないし、
体操だって小学生でやめてしまいました。

もし、今の自分を過去の自分が見たとして、
過去の自分はちゃんと希望を持てるのか?

今の自分は、子供の頃の自分にとって
ヒーローと呼べる、かっこいい大人になれているのか。

これは、人生を歩んでいく上で大事な
指標だと思います。

過去の自分に恥じないように生きる。

この本ではその大切さを教えてくれます。

僕自身、過去の自分が今の自分を見たとして
満足してもらえるかなーと思うと、
全然満足してもらえそうにありません。

「体操選手辞めたくせに、
大して成功してねーじゃねーか。
俺はそんなもんじゃねーだろ!」

と言われそうな気がします。笑

だから、もっと頑張っていかなきゃ
と、心を突き動かされます。

 

まあ心にグサッとくるので、
読んでいて後悔が溢れ出しますけど、
それでも読み終われば
「毎日を全力で生きよう」
という気持ちにさせられる本です。

この本は、kindle版がないので
若干不便ではあるんですけど、

僕の中で1番大好きな本です。

特に20代の若い人にとっては
読む前と読んだ後で大きな変化が得られる本
だと、僕は思います。

最強にモチベが上がる本なので、
ぜひ読んでみてくださいね!

では!

有料級の無料メルマガやってます

僕はビジネス開始5ヶ月で120万円を稼ぎました。

決して優れた才能や環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ借金も成功する前はたくさん背負っていたし、
勉強も運動もいたって普通でした。

そんな僕でも、ビジネスと出会い
ほんの半年だけ真剣に取り組んだところ、
あっという間に人生逆転できました。

今でも資産を作りつづけ、
楽しく、自由で、好きなことをしながら
幸せに生きるために日々成長しています。

僕がビジネス挑戦者に言いたいことは、
ビジネスは勉強して、正しく成長すれば
誰でも資産を作って自由になれるということです。

そして、自由になることができれば
人はどんどん羽を伸ばし、魅力的に
なることができます。

僕はそういう人を増やすのが楽しいし、
なにより魅力的な人に囲まれて生きていたいです。

そういった理念から、僕がどうやって稼ぎ
ゼロから資産を作って自由を手にしたのか。

そのストーリーをメールマガジンに
まとめてみました。

毎日5人以上に登録されていて
「読みやすい」と評判ですので、
もし興味があれば登録してみてください。

メールアドレス1つで簡単に読めます。

メールマガジンを読んでみる