日常

読み手に面白い!と思ってもらうには?

こんにちは、ゆうにいです。

最近は大学に通っているのですが、
大学では本当色々な授業を受けることができて、
楽しい授業もあれば、
つまらない授業もあるんですよねー。

クラス全員が聞き入ってる授業もあれば、
6割が寝ている授業もあります。

今日は、そんな面白い授業、つまらない授業の違いを
見つけたので、

ブログにメモしていこうと思います。

結論から言いますが、

面白い授業=わかる
つまらない授業=わからない

です。

聞いてて内容が入ってくる授業は、
基本めちゃくちゃ面白いんですよ。

例えば、生産管理という授業があって、
その授業では経営コンサルタントの人が教授として
教えてくれるんですけど、
「マクドナルドのハンバーガーが作られるまで」
をビデオで見て、教授がコンサルしていくんですね。

※このビデオを見ながらです↓

このビデオを見て、
例えば、ハンバーガーを作るとき、
最初にパンを焼いていくんですけど、
パンを袋から出して、持つ時点で
ビデオを止めて

「ここでパンの袋を取り除いて、
トレーにそのまま置いておけば
作る時間が全体で1秒短縮される」

とか、じかにコンサルしていくんです。

ビデオを見ながらコンサルしていくから
とにかくわかりやすいんですね。

他にも、学生がバイトしているような身近な企業
(例えばコンビニとか、ファミレスとか)
を例に出して話をしてくれるから、
もうとにかくスラスラと頭に入ってきて
わかりやすいんです。

だから、聞いてて
「わかるわかる!」ってなるし、

僕以外の生徒もしきりに頷きながら授業を聞いています。

 

でも、つまらない授業はとにかくわからない。笑

これは非常に説明しにくいんですけど、
なんたら曲線が〜とか、なんたらの法則が〜とか、

もう理解できないし、
それをどこで使うのかもわからない授業は、
とにかく眠くなります。

 

いい教授は、大学の授業を
暗記ではなく、考えることが重要だ。
っていうんですよ。

だから、僕たちでも考えられる話に
落としてくれるんですね。

こういう教授に出会えると、
勉強は途端に楽しいものになります。

でも、つまらない教授は
テストに出るから暗記しとけー
って感じです。

使い方も教えないし、
それじゃぶっちゃけ勉強する意味はないんですよね。

だって、誰も大学で
「記憶力向上させたい!」
なんて思ってないじゃないですか。笑

社会に出て実践できるような知識を
身につけていきたい、と思っています。

これに関しては僕たちのブログも同じことが言えて、
ブログを見にくる人は、多くの場合
今ここで使えるような知識を求めてきます。

だから、とにかくわかりやすく、
読み手のレベルに落として教えてあげる。

というのは大事になってきます。

もちろん、簡単な知識だけで稼げるほど甘くないし、
自分自身でビジネスを学んだり、
いろんな分野で学んでいくことで、
難しい知識、レベルの高い知識は出てくるんですよ。

そして、それも理解できれば楽しく感じます。

でも、それをそのままアウトプットしたって、
なんの練習にもならないんですね。

大学生に理解できないような難しい話をする
授業は、クソ授業と呼ばれるように、

読んでいる人が理解できない記事は
ゴミ記事なんです。

だから、アウトプットするときは
レベルを落としていきましょうね。

初心者でもわかるような内容ってのが
重要ですよ!

ということで、今回は大学の授業から
つまらない=わからない
面白い=わかる
アウトプットするときは誰でもわかるように書いていこう
という話をしていきました!

では!

有料級の無料メルマガやってます

僕はビジネス開始5ヶ月で120万円を稼ぎました。

決して優れた才能や環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ借金も成功する前はたくさん背負っていたし、
勉強も運動もいたって普通でした。

そんな僕でも、ビジネスと出会い
ほんの半年だけ真剣に取り組んだところ、
あっという間に人生逆転できました。

今でも資産を作りつづけ、
楽しく、自由で、好きなことをしながら
幸せに生きるために日々成長しています。

僕がビジネス挑戦者に言いたいことは、
ビジネスは勉強して、正しく成長すれば
誰でも資産を作って自由になれるということです。

そして、自由になることができれば
人はどんどん羽を伸ばし、魅力的に
なることができます。

僕はそういう人を増やすのが楽しいし、
なにより魅力的な人に囲まれて生きていたいです。

そういった理念から、僕がどうやって稼ぎ
ゼロから資産を作って自由を手にしたのか。

そのストーリーをメールマガジンに
まとめてみました。

毎日5人以上に登録されていて
「読みやすい」と評判ですので、
もし興味があれば登録してみてください。

メールアドレス1つで簡単に読めます。

メールマガジンを読んでみる