ビジネス

「自信がなくてお金をいただくのが怖い」という恐怖を克服するには?

「〇〇を売りたいんだけど、お金をもらうのが怖いです」という相談をよくいただきます。

「商品を作ってみたけど、
有料で販売するのが怖い」

「コンサルをお願いされたけど、
お金をいただくのが怖い」

「営業をしているけど、
お客さんに売り込むのが怖い」

 

お金を稼ぎ始める段階で、「お客様からお金をいただくのが怖い」と思うことは、誰もが通る道。

今回は、そんな「お金をいただくことに対する恐怖」を克服する方法について話していきます。

 

 

まず大前提として、お金をいただくのが怖いのは「商品に自信がない」というのが原因です。

そして、この恐怖を取り除くためには、まず自分が商品の価値を認めてあげることが必要です。

良心のある人間なら、価値のない商品を他人に売りつける行為に抵抗を覚えるのは当たり前のことですからね。

「最高のセールスマンとは、最高のお客様である」という言葉がありますが、商品を売るためには、自分自身が「この商品は買う価値がある」と自信満々に言えることが第一歩です。

 

でも、「お前の商品には価値があるんだ!」「自信を持て!」と他人に言われてもどこか信じられないのが人間。

「そんなこと言われても…」って感じだと思います。

 

では、一体どうすれば自信を持てるのか?

 

実は、これには何も特別な秘訣とかはなくて、「自分で納得する」というのが唯一の答えです。

他人の説得とか、他人の商品の比較をしたところで、自分の中の価値が上がることはありません。

自分の商品の価値を信じるには、周りの力ではなく、自分自身で納得する必要があります。

 

自分自身を納得させるには、「なぜ、自分の商品には自信がないのか?」そして、「どうしたら自信を持つことができるのか?」原因と解決法を探していくのが効果的です。

 

「果たして自分のコンサルにはお金をいただくだけの価値があるのだろうか?」と不安に思っている人は、まず「価値がないと思ってしまうのだろう?」という原因を探します。

それで例えば「私のコンサルを受けた人が稼げるかわからない…」という原因があったとすれば、「どうしたらコンサル生を稼がせてあげることができるかな?」という解決法を探すのです。

「通話でしっかりサポートする」とか、「マネタイズできるまで続ける」とか、「自分と同じようにできるようにマニュアル化する」とか、いろんな解決法が出てくるはずです。

そうして商品に対する不安を解決していき、「よし!私のコンサル生は全員稼ぐことができそうだ!」と思えるようになったら、もうあなたは自信を持ってお金をもらえるはずです。

 

他にも、「私の有料noteはほんとに誰かのためになるのか?」と不安に思っているのであれば、まず「なんでそう思ってしまうんだろう?」と原因を探します。

そこで「私はできたけど、これセンスない人は無理だな…」という原因を見つけたら、「どうすればセンスない人でも使いこなせるのかな?」という解決法を探していきます。

「今まで感覚でやってたことも全て言語化する」これをやればセンスのない人でも大丈夫でしょう。

「よし、誰がきてもためになるnoteになった!」と思えれば、もう心の底から売り込めるはずです。

 

「お金をいただくのが怖い。」という恐怖は、自分自身の「自信のなさ」からきています。

自分の商品に自信がないなら、まずはその原因と解決法を探すことです。

 

モノを売って稼いでいきたいのであれば、まずは誰よりも自分が価値を認められるようになることが重要ですよ!

 

自分で納得できる商品を持てたら、もうお金をいただくことに対する不安は消えているはずです!

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!

有料級の無料メルマガやってます

僕はビジネス開始5ヶ月で120万円を稼ぎました。

決して優れた才能や環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ借金も成功する前はたくさん背負っていたし、
勉強も運動もいたって普通でした。

そんな僕でも、ビジネスと出会い
ほんの半年だけ真剣に取り組んだところ、
あっという間に人生逆転できました。

今でも資産を作りつづけ、
楽しく、自由で、好きなことをしながら
幸せに生きるために日々成長しています。

僕がビジネス挑戦者に言いたいことは、
ビジネスは勉強して、正しく成長すれば
誰でも資産を作って自由になれるということです。

そして、自由になることができれば
人はどんどん羽を伸ばし、魅力的に
なることができます。

僕はそういう人を増やすのが楽しいし、
なにより魅力的な人に囲まれて生きていたいです。

そういった理念から、僕がどうやって稼ぎ
ゼロから資産を作って自由を手にしたのか。

そのストーリーをメールマガジンに
まとめてみました。

毎日5人以上に登録されていて
「読みやすい」と評判ですので、
もし興味があれば登録してみてください。

メールアドレス1つで簡単に読めます。

メールマガジンを読んでみる