思うこと

周りの視線が気になって全力を出せない人はいますか?もしいたら、読んでみてください。

こんにちは、ゆうにいです。

人よりできることを、あえて隠してしまう。

自分の全力を、セーブしてしまう。

 

あなたにはそういった経験ありませんか?

 

例えば、「グルコンで質問を投げかけられた時、実はわかっているのに、周りが何も言わないから、あえて言わないで黙っておく」みたいな。

 

「テストの解答は分かっているけど、このままじゃ満点取っちゃうから、あえて間違えておこう」みたいな。

 

言いたいことが言えなかったり、

みんなより先に進むのがなんとなく嫌だったり、、、

あえてレベルの低いフリをして見せたり、、、

 

思い当たる節のある人は多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな「周りに合わせて全力をセーブしてしまう人」に向けて書いていきます。

 

 

もちろん、僕自身にもこの経験は結構ありました。

 

小学校のテストでわざと間違えて100点を取らないようにしたり、
(大して頭は良くないです笑)

1人だけ早く解き終わっても、あえて周りに合わせて鉛筆を動かしてみたり、

ビジネスで稼げてすごい嬉しいのに、コンサルグループで報告するのは気が引けたり、

 

「なんでこんな無駄なことしちゃうんだろう」と考えてみたところ、小学校の持久走大会が原因でした。

 

僕は小学生の頃、持久走が大の得意でして、

身体が大きかったのもあり、持久走大会では毎年余裕で1位をとれるレベルでした。

 

でも、タイム的にはいつも2位と1〜2秒しか変わりませんでした。

 

もっと早く走れるのに、自分の力をセーブして、常にギリギリを演出してしまいます。

 

なぜ、こんな無駄なことをしてしまうのか?

 

それは、周りの友達に嫌われるのが怖かったからです。

 

練習中、僕があまりにも早いもんだから、みんなが手を抜き始めたことがあります。

 

「あいつ早いから俺ら本気出すのやめよーぜ!」みたいなノリです。

なんか学生時代ってこういうのあるじゃないですか。笑

 

そしたら、担任の先生が手を抜いている生徒を怒鳴りつけて、クラス中がすごい悪い空気になってしまったんです。

 

そこから僕には「持久走で余裕で1位を取ることで、友達から嫌われてしまうのではないか?」という不安が付きまとうようになりました。

今思うと「そんなダセーこと気にすんな!」って感じです。笑

 

でも当時は「そう思ってしまうのも無理はない」と思える状況でした。

 

「普通が1番」と教育されている小学校で、目立つことはとても怖いことです。

 

日本の学校は、常に平均点で評価を下します。

体育が評価10でも、国語が1だったら平均点は5です。

体育6、国語6の中途半端な人の方が平均点は高くなります。

 

そして教師たちも、「お前は理科はできるのに英語はてんでダメだな!」と言います。

大半の教師は得意なところを褒めずに、ダメなところを貶します。

 

生徒がクリエイティブな道に進もうとすると「お前のためを思って言っているんだ」と必死になって普通の道に戻そうとしてきます。

 

例えば女の子が「アイドルになりたいんです!」とか言うと、先生は「危ないからやめなさい!」とか言い出します。

 

とにかく否定するんですよね。

 

結果、生徒たちの心の中でも「普通が1番心地いいんだ。」という意識が芽生えます。

 

そして、そんな中で突出した生徒がいると、その生徒は仲間外れにされたり、コソコソと噂話をされるようになります。

 

僕たちが目立つのを恐れてしまうのは、こういった学校教育が原因です。

 

日本には「出る杭は打たれる。」という言葉がありますが、実はこれは日本にしか存在しない言葉です。

 

ビジネスとかでも、稼ぎ始めた途端に冷たくしてくる人がいます。

今まで仲間だった人間が、いきなり嫉妬の感情をぶつけてくるとか、よくあることです。

 

でも、その否定に負けて自分を抑え込んでしまうか、我慢して全力で進み続けるか、どっちが良いことなのかは明らかです。

 

前者は周りと何一つ変わらない道を歩み、後者はただ1人自分だけの道を歩むでしょう。

 

出る杭が打たれる日本において、あえて出ようとする人間は少ないです。

 

これはビジネスの世界でも同じことが言えて、意外とみんな周りの目を気にして自分の意見を言えなかったり、思い切ったことができなかったりします。

 

「みんな仲良く積み上げ」みたいな人が多いです。

 

でも、これはチャンスとも見ることができます。

普通ばかりの人間で溢れている日本だからこそ、積極的な心構えを持った人間は、より一層目立つことができます。

 

人を笑う人生より、
人に笑われる人生を生きろ。

僕の大好きな言葉です。

 

他人と比べて自分を下げる必要なんてありません。

周りの視線にオドオドすることもありません。

 

「周りの視線は、避けるためではなく浴びるためにあるもの。」

そう考えたら、ちょっとは勇気が湧きませんか?

 

これからの時代、ネットがもっと発達して、確実に個人の時代が訪れます。

 

その時活躍していくために、今のうちからドンドン全力で目立ちまくってやりましょう!

 

ということで今回は「周りの視線に負けず、自分の道を進もう」という内容でした。

 

それでは!

 

P.S.

現在メルマガ読者様との無料通話コンサルを実施しています。

読者様ひとりひとりと1対1で話しておりますので、悩みや質問がある人はぜひ活用してみてください!

有料級の無料メルマガやってます

僕はビジネス開始5ヶ月で120万円を稼ぎました。

決して優れた才能や環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ借金も成功する前はたくさん背負っていたし、
勉強も運動もいたって普通でした。

そんな僕でも、ビジネスと出会い
ほんの半年だけ真剣に取り組んだところ、
あっという間に人生逆転できました。

今でも資産を作りつづけ、
楽しく、自由で、好きなことをしながら
幸せに生きるために日々成長しています。

僕がビジネス挑戦者に言いたいことは、
ビジネスは勉強して、正しく成長すれば
誰でも資産を作って自由になれるということです。

そして、自由になることができれば
人はどんどん羽を伸ばし、魅力的に
なることができます。

僕はそういう人を増やすのが楽しいし、
なにより魅力的な人に囲まれて生きていたいです。

そういった理念から、僕がどうやって稼ぎ
ゼロから資産を作って自由を手にしたのか。

そのストーリーをメールマガジンに
まとめてみました。

毎日5人以上に登録されていて
「読みやすい」と評判ですので、
もし興味があれば登録してみてください。

メールアドレス1つで簡単に読めます。

メールマガジンを読んでみる