日常

失敗したくないなら、知識を得よう!

こんにちは、ゆうにいです。

先日、とある大失敗を犯しそうになりました。

実は僕はゆうにいのアカウント以外にも、Twitterアカウントをいくつか持っていて、そっちのアカウントでは、主にアフィリエイトで稼いでいたりします。

で、先月そっちのアフィリでガッツリ利用規約に反することをしようとしていて、危うくアカウント凍結されるところでした。

一応やる前に気づいたので大事は免れたんですけど、もし凍結されてたら売り上げ10万円くらい飛ぶところでした。汗

 

そこで知識の重要性を改めて思い知ったので、今回はそこを深掘りしていきます。

 

まず、ビジネスでは「知識が重要!」とよく言われていますが、あなたはそれがなぜかわかっているでしょうか?

 

「稼げるから?」

「価値が上がるから?」

確かにそれも一つの正解です。

 

でも、知識が重要な1番の理由は、「知識がないと正しいか分からないから」なんですね。

 

「知識がないがゆえに、間違ったことを自然としてしまう」

これが1番危ないことです。

 

例えば、車には決められた油種があり、ガソリン車に軽油を入れると、一発でオシャカです。

エンジンが壊れて、修理不能になります。

 

ただ、この「ガソリン車に軽油を入れてはいけない」という知識を持たず、軽自動車に軽油を入れる残念な人がいます。

「安いから軽油にしよう!」

「軽自動車だから軽油なんだな!」

という理由で軽油を入れてしまうのです。

 

結果、新車の軽自動車が一発で廃車。なんてことになってしまいます。

 

僕もガソリンスタンド(セルフ)で働いてて
ごく稀にいるんですけど、
原付や軽自動車に軽油を入れてしまって
後から電話で
「動かなくなった。お宅のガソリンを入れてから」
と怒ってくる人がいます。

そんで、
「あー、お客さん軽油入れちゃったんじゃないですか?」
って聞いたら、
「そうだよ!」
「でもそんなの知らなかったよ!」
とか逆ギレしてくる人がいます。

こっちからすると
「いや、車運転するならそれくらい常識として知っておけー??」
って感じです。笑

いやー、無知ってほんと怖いし、
恥ずかしいなーと思います。

 

他にも、日本の道路は左車線ですが、アメリカの道路は右車線です。

もしこれを知らずに、日本人がアメリカで左車線を走ってしまったら、、、?

もちろん逮捕。最悪の場合事故になるでしょう。

 

これと似たものに「関東のエスカレーターは左寄り。関西は右寄り。」というのもあります。

僕は以前これを知らずに関西に行って、エスカレーターの先頭に立って後ろを見たら後ろの人全員が僕のことをみてて超恥ずかしかったことがあります。

こんな感じで知識がないと人生損することばかりです。

特に起業はお金が関わってくるので、
それこそ会社員の人なんかは確定申告とか忘れてたりします。

副業の収入が年間20万円以上の場合は
確定申告をしなくてはいけないのですが、
知らない方もいたんじゃないでしょうか。

だけど、これはもし忘れたとして
「税金自分で払うのなんて知りませんでした!」
じゃ済まないんですよね。笑

脱税になっちゃいますから。

罰金で稼いだお金は吹っ飛んでいくでしょう。

 

よくソクラテスの名言で
「無知の知」
とか使われてますが、

ほんと1番の愚か者は自分が無知だと自覚できていない人です。

知識のない人は知らぬ間に間違いを犯し、
あるいは騙され支配されながら生きていくことになります。

なので、必要のない失敗をしないためにも
知識を身に着ける習慣を持っておきましょう。

僕も常に気をつけてます。

まずはスキマ時間に本を読むとか、
それくらいから始めるといいんじゃないかな?
と思います!

では!

有料級の無料メルマガやってます

僕はビジネス開始5ヶ月で120万円を稼ぎました。

決して優れた才能や環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ借金も成功する前はたくさん背負っていたし、
勉強も運動もいたって普通でした。

そんな僕でも、ビジネスと出会い
ほんの半年だけ真剣に取り組んだところ、
あっという間に人生逆転できました。

今でも資産を作りつづけ、
楽しく、自由で、好きなことをしながら
幸せに生きるために日々成長しています。

僕がビジネス挑戦者に言いたいことは、
ビジネスは勉強して、正しく成長すれば
誰でも資産を作って自由になれるということです。

そして、自由になることができれば
人はどんどん羽を伸ばし、魅力的に
なることができます。

僕はそういう人を増やすのが楽しいし、
なにより魅力的な人に囲まれて生きていたいです。

そういった理念から、僕がどうやって稼ぎ
ゼロから資産を作って自由を手にしたのか。

そのストーリーをメールマガジンに
まとめてみました。

毎日5人以上に登録されていて
「読みやすい」と評判ですので、
もし興味があれば登録してみてください。

メールアドレス1つで簡単に読めます。

メールマガジンを読んでみる