日常

ゲームや通学路でつい寄り道してしまう人こそ、最短を目指すべし

こんにちは、ゆうにいです。

 

ここのところブログ更新をサボっていたのですが、

一応目標としては今年中に
月100万を目指しているので、
もっとスピードアップして頑張っていこう

なんて思っています。

 

最近なのですが、相変わらず
教材を買っては実践、教材を買っては実践、、、
を繰り返しています。

 

教材ってめちゃくちゃすごくて、
自分のつまづいていたところ、
自分ができていなかったところ、
全部教えてくれます。

 

僕は買っているのはネットビジネスで
年収何千万、何億と稼いでいる人の教材で、

今は雲の上の存在なのですが、

この人たちも数年は僕と同じ道を
辿ってきているので、

今僕がぶつかっている問題や
今後ぶつかるであろう問題を解決してくれます。

 

まあ教材と言っても安いものではなくて、
一つ20万、30万とするものを買っているので、

はたから見たらヤバい大学生に見えてそうですが、

僕が教材を買っているのは
「最短ルートを進むため」だからなんですね。

 

もともと僕はめちゃくちゃ寄り道が好きで、

ゲーム、勉強、通学、運転、スポーツ、、、

何をするにも寄り道ばかりでした。

 

例えばゲームで言うと、

学生時代はCODという銃で敵を撃ち殺すゲームに
ハマりまくって、朝から晩までやっていたのですが、
(コール・オブ・デューティーってやつ)

これも単純に実力を上げ続けるより、
武器の見た目をカッコよくするアイテムや
変わり種の武器を使ってました。

みんながたくさん敵をキルしようとしている隣で
自分は武器の見た目を解放するチャレンジを
ひたすらやっていたり、

銃で戦っている中にナイフで突撃して
いかにナイフで銃に勝てるか、
まるでアニメのSAOのようなことをやってました。

 

勉強とかでも、テスト前で
社会の勉強をしている時は、

なぜか教科書にマーカーを引きまくって
カラフルにしてみたり、

授業で書いたノートを写経して
2〜3日それに時間をつぎ込んだりしてました。

昔の僕ってめちゃくちゃ完璧主義で、
何かを始めたら、それが終わるまで他のことができない性格でした。

漢字ドリルとかテスト範囲が漢字100個とかあるわけですけど、
一つの文字を10回とか練習し始めちゃうと、

絶対最後の漢字まで全部10回書かないと
気が済みませんでした。

 

曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜、

朝朝朝朝朝朝朝朝朝朝、

雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪、

遊遊遊遊遊遊遊遊遊遊、

 

↑↑

こんなふうにノートいっぱい漢字を書いて、
3時間くらいずっと漢字の練習してました。

終わる頃には手の甲がめっちゃ黒くなってるんだけど、
それが逆に満足感だったりしたので、
相当変わり者だったなぁって感じです。笑

ただ、こんなことばっかりしてたので、
学校の成績は良くなかったです。

漢字のテストだけは良い点取れても、
英語や理科なんかは時間がなくて勉強できなかったので、
赤点になることもしょっちゅうありました。

結果ボロボロ。

ちなみに、学校の勉強関連だとこの記事読んで見て欲しいです。
学校の勉強は嫌いでも稼げるんだなってわかると思います。

GPA1.20で就職先はなくてもお金は稼げます

しかも、10回も繰り返してると
めちゃくちゃ腕が疲れるので、
段々てきとうになってきます。

だから最後の方なんか読めないし、
そのおかげで字を雑に書く癖ができて、
いつの間にかクラスで1番字が汚くなりました。

字が汚いって学生の頃は気にしてなかったんですけど、
大人になってからは契約書とかのサインの字が汚いとめっちゃカッコ悪く見えます。

それが今になって恥ずかしくて、
ipadで漢字の練習してるのですが、
もう10年以上汚い字を書いてきたので
なかなか綺麗には書けないです。

 

他にも、通学とかでも
すぐデパートに入りたくなったり、
本屋に行ってしまったり、
マックに寄ってしまったり、

車の運転をしている時も
意味もなくコンビニに駐車してモンスター買ったり、
家のすぐ近くに来てなんとなく「もうちょっと走りたいな」と思って30分くらいドライブしたり、

昔からとにかく寄り道が大好きすぎて、
かなり異常なくらい寄り道してきました。

 

でも別にこれ自体は悪いと思ってなくて、
寄り道することで時間は多くかかるけど
得られることもあるんですよね。

例えば車の運転とか、
寄り道すればその分楽しめます。

僕にとって車ってただのアシじゃなくて
ストレス発散したり、頭の中を整理したり、
教材をインプットする場所なので、

寄り道でもけっこう得してます。
損してるのはガソリン代くらいです。

 

あとは漢字ドリルを10回繰り返すのなんかも、
僕は絶対諦めなかったので根気だけは強くなりました。

昔は完璧主義なのもあって、
単純に時間の無駄な部分もあったけど、
漢字を腕が痛くなるまでひたすら書きまくったおかげで

少しは根気強くなれたと思います。

 

と、まあ寄り道することで
色々と得られることもあったりします。

だから僕は寄り道だらけの人生だって
別に良いと思います。

勉強、部活、受験、就職、、、
ずーっと必要なことだけやってきただけの人より

旅、病気、趣味、、、
いろんなこと経験している人の方が
話していて楽しいですしね。

 

ただ、お金稼ぎに関しては
これは当てはまらなくて、

お金稼ぎだけは寄り道せず最短ルートを進むのが1番だと思ってます。

これ、なぜかというと
お金稼ぎは「手段」だからなんですね。

僕の場合はネットビジネスをして
お金稼ぎをしているわけですが、

僕にとってのお金稼ぎって
お金や時間に不自由しない生活を得るための
「手段」なんです。

 

僕にとっての車は、ただの足ではなく
頭を整理したりストレスを発散する時間でした。

ゲームだって、別に強さを追い求めなくとも
武器の見た目解除をすることで楽しんでました。

 

つまり、寄り道をする意味があったんですね。

でも、お金稼ぎって寄り道する意味ないわけです。

 

お金を稼ぐことは目的ではなく、
目的を達成するための手段だから、

ささっと稼いで目的を達成するのが
1番良いんですよね。

ビジネスで「お金を稼ぎたい!」という人のほとんどが
何か夢や目標があってお金を稼いでいると思います。

例えば脱サラして旅しよう!とか、
一軒家を買って自分好みの城を作ろう!とか。

でも、続けていくうちに目標が段々と変わっていって、
段々とお金稼ぎが目標となり
「月100万が目標だ!」、
そして最終的には作業が目標となり
「フォロワー10000人を目指すぞ!」

と、本来の目的を忘れていってしまいます。

結果、寄り道ばかりしてしまうんですね。

 

僕は昔「10000フォロワーを目標に頑張っていきます」
って言って頑張っていたのですが、
これってちょっと寄り道しちゃったなと思っていて、
別にビジネスで稼ぐのに10000フォロワーも必要ないんですよ。

というか、10000フォロワーいたって、
結局商品を売っていかなくては稼げないんですね。

今でこそ偉そうに言ってますけど、
僕も昔は目的を見失ってました。

 

僕は今はそれに気づいて、
早く稼いで自分の夢を叶えよう!
という一心でビジネスをやっているので、

とにかく最短で成功するために動いています。

 

ただ、ずーっと寄り道ばかりしてきたので
Twitterに限らず昔はお金稼ぎも寄り道だらけでした。

 

動画編集やったり、ライターやったり
FXやったり、物販やったり、、、

ほんと、いろんなことやってきました。

 

僕より早く成功してる人って
数えきれないくらいいるけど、
僕より色々やって寄り道してる人って
そうそういないんじゃないかなぁと思います。

で、そんな僕の経験論ですが、
お金稼ぎで寄り道して良いことってマジでありません。

僕は動画編集もできるしライターにもなれるしFXの知識もあります。

でも、それを使うことってもうないし、
寄り道してなければ今頃どうなってたか・・・
と思うと後悔しちゃうんですよね。

 

寄り道って良く言えば
たくさんの経験が得られるわけですけど、
悪く言えば「タダの遠回り」です。

寄り道することで成功は遅くなるし
楽しい未来も遠くなっていくんですね。

だからこそ、お金稼ぎだけは寄り道せず
最短ルートを進んだ方がいいなぁと僕は思います。

有料級の無料メルマガやってます

僕はビジネス開始5ヶ月で120万円を稼ぎました。

決して優れた才能や環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ借金も成功する前はたくさん背負っていたし、
勉強も運動もいたって普通でした。

そんな僕でも、ビジネスと出会い
ほんの半年だけ真剣に取り組んだところ、
あっという間に人生逆転できました。

今でも資産を作りつづけ、
楽しく、自由で、好きなことをしながら
幸せに生きるために日々成長しています。

僕がビジネス挑戦者に言いたいことは、
ビジネスは勉強して、正しく成長すれば
誰でも資産を作って自由になれるということです。

そして、自由になることができれば
人はどんどん羽を伸ばし、魅力的に
なることができます。

僕はそういう人を増やすのが楽しいし、
なにより魅力的な人に囲まれて生きていたいです。

そういった理念から、僕がどうやって稼ぎ
ゼロから資産を作って自由を手にしたのか。

そのストーリーをメールマガジンに
まとめてみました。

毎日5人以上に登録されていて
「読みやすい」と評判ですので、
もし興味があれば登録してみてください。

メールアドレス1つで簡単に読めます。

メールマガジンを読んでみる